携帯会社各社で春に向けての学割CMが放送されています。

ところで、どこの携帯会社が得なの?

という事で携帯3社の学割を比較、調べてみました。

 

●学割とは?

学割とは新規、もしくは他社の携帯サービスからMNP(ナンバーポータビリティ)にて契約をした時に学生がお得に利用できるキャンペーン。
携帯会社によっては家族もお得に利用できる場合もあるので、希望の携帯会社が決まった場合に調べてみることをおすすめします。

 

●学割比較表

携帯学生割引比較表2013年版

以上のようにどの携帯会社もほぼ同じような料金設定になっています。

※機種によりパケット代も変ってきますのでご注意ください。

 

●注意すること

学割は各社3年間無料という事で問題なのですが、利用する携帯電話の機種によりパケット代などが変わってくるので気をつけたほうが良いです。
例えば、au、ソフトバンクのiPhoneでもiPhone4s、iPhone5によってもパケット代が違いますし、パケットの利用の仕方次第では通信速度が遅くなる(通信速度制限)場合もあるなど利用する機種により利用方法も考えなければいけません。

 

●子供が新規契約の場合の選び方

お子さんが新規契約する場合には、家族が現在利用している携帯会社を選ぶ方がお得だと思います。
しかし携帯会社によっては取り扱いの無い機種もありますのでその辺はお子さんとご相談ください。

 

●ナンバーポータビリティしてまで学割を利用した方がよいのか?

管理人的には正直なんとも言えませんが、基本使用料3年間無料はかなりお得に携帯電話を利用することができます。


仮定として980円の基本使用料を3年間無料だとすると・・・

980円×3年×12ヶ月=35,280円

 

35,280円が3年間でお得に利用できる計算です。
また、携帯会社によっては家族も基本使用料3年間無料であったり、2年間無料であったり、購入費用が割引されたり各社特徴がありますので機種変更をする前に確認されることをおすすめします。

 

●学割を選ぶ際の管理人おすすめ選択順序

①お子さんが欲しい機種を選ぶ

②家族と同じ携帯会社であれば問題なし。

③家族と違う携帯会社の場合は家族会議もしくは説得。

④キャンペーン中に契約しましょう。

※iPhoneを選択する場合に割引率などが違いますのでご注意ください。

 

●管理人まとめ

各社ほぼ同じ割引キャンペーンですが、一番重視する部分は利用する機種と携帯会社
iPhoneを契約する場合でもiPhone4sを利用する場合とiPhone5を利用する場合でも変ってしますし、au契約、ソフトバンク契約でも割引率も変ってくるので悩みどころです。

お子さんが大量にパケットを使った場合の速度制限の問題もありますので、選択肢はたくさんあります。
不明な点は携帯会社の店舗へ足を運んで相談しましょう。
対外はうちの方がお得ですよ・・・といった話になりますが・・・。
一番良いのは家電製品ショップの携帯電話コーナーで話を聞くほうがいいのかも?
しかし携帯会社の契約によりインセンティブが違えば誘導される携帯企業も変ってくるのかな???

それではお子さんの納得のいく学生割引をご利用ください。

 

注目!!⇒実質0円でソフトバンク携帯に乗り換えるなら

武井マーク

 

 

【PR】お得にヤマダポイントを貯めることができるクレジットカード

【PR】最新デジタルカメラの情報を管理人の目線で発信中!

【PR】Kindle、中華タブレットを使ってみた